大台湾旅行ネット
大台湾旅行ネット
台中市
台中市
お茶
お茶
台中市
台中市
お茶禅の生活境地
2008-03-04 10:54:00
2008-03-10 19:14:00
4480
葉南顯
台中市
葉南顯
台中市
  お茶は中国の歴史記載によって、神農氏から中国人がよく知っています、仏教が中国に伝わって来た後に、僧侶は更にお茶がよく元気を回復させることを発見して、修行することに対してとても大きい助けがあって、そのために僧侶は茶道と仏道を始めて結び付けました。

  唐朝、宋朝の後でお茶を飲む習慣は寺院の中で広く行って、古書の記載によると唐宋の寺院の中で「茶堂」或いは「茶寮」を設けて、僧侶達はここで仏道と禅道を討論しながらお茶を飲みます、そして茶堂の外で「茶鼓」を付けて、太鼓を打つときは僧徒を呼びかけて、皆は茶堂に来て茶を飲んで仏道と禅道を討論します。

  お茶の精神は宮廷と社会までにしみ込んで、中国人の生活の中に深く入り込みます。数千年来中国が大量のお茶に関する栽培、生産の知識と文化を蓄積して、更に豊かなお茶に関連する精神的な文化も蓄積しました、これは中国の特有なお茶の文化です。

  実は生活は一種の感覚で、お茶を飲むのも一種の感覚です、だからお茶を入れるのは決して普通の人が言った何分間を浸して、水の温度が何度までの条件がありません、重要なのは心を落ち着かせて、注意力を集中することです、それからお茶をゆっくり飲んで、味わいして、そして一種の上品なリラックスの「お茶禅」の境地が現れます。

  お茶禅の境地は大自然に近づけることと言えて、「茶」の漢字の構造を見て、草木の間に「人」がいるので、だから大自然とバランスを取るのは大事なことです、人は平安の環境にいれば、話す時は自然になめらかになって、人に対する態度も適切になります。

  中国でお茶の元は薬ですので、決していっぱい飲むことに適しません、人は万物に対して尊敬するべきで、茶の木に対しても恩に感じなければなりません、お茶は「発酵、萎み枯れ、揉捻、乾燥、お湯に入れ」を通った後に、ようやく一壷の美味しいお茶になることさえできます;だから私達は茶を作る農家、及び雨露、土壌、天地に恩を感謝するべきです。

写真の1:お茶を入れる人の服装が質朴で、中に生活禅の知恵があります。
写真の2:お茶の宴会の装飾は禅の雰囲気を満たしています。
写真の3:茶菓子を飾り付けるのも禅の意味があります。
【文章/写真 大台湾旅行ネットTTNewsの記者 郭嘉琳/洪榕】

上記の内容は下記の中国文の文章を翻訳したものです、もしもその中で何が間違いがありました場合は中国文の解釈を基準と致します。

  茶在中國的歷史記載,自神農嚐百草開始就廣為中國人知曉,佛教東傳後,修行的僧人更發現茶可提神,對於修行有很大的幫助,因此便有僧人開始將茶道與佛道結合。

  唐、宋以後飲茶的習慣在各個大、小寺廟裡風行,古書記載唐宋的寺院裡設有「茶堂」或「茶寮」,僧人們在此討論佛理、禪道及飲茶,並在茶堂外懸掛「茶鼓」,擊鼓以招僧眾飲茶論佛理,《宋詩鈔》陳造的「茶鼓適敲靈鷲院,夕陽欲壓鍺斫城」,貼切地描寫了茶鼓下寺院的意境,形成了特有的「茶禪文化」。而唐朝趙州禪師有名的「趙州吃茶去」禪門公案,正是茶禪生活的表現。

  茶的精神滲透了宮廷和社會,深入中國人的生活中。幾千年來中國不但積累了大量關於茶葉種植、生產的物質文化、更積累了豐富的有關茶的精神文化,這就是中國特有的茶文化。

  其實回歸原本,生活是種感覺,泡茶、品茶也是種感覺,所以泡茶並無坊間幾分鐘、水溫幾度的制式條規,而是講求心要沉澱、專注於茶本身,泡茶者中途不言,掌壺、倒水動作輕柔,如對萬物的掌握;品茶者採少喝、多品的方式喝茶,也就是慢吞吞、細細品,呈現一種文雅、放鬆的「茶禪」意境。

  茶禪的意境可說是貼近自然的,端看「茶」中文一字結構,發現「人」在草木之間,才能平衡發展「茶」,很有在原野大自然之感,而人在安和、放下、輕鬆、享受的環境下,說話就會輕柔、柔順,待人處事也就進退得宜。

  茶本是藥(茶性本寒),並不適合大口暢飲,喝到飽的豪邁,更偏重於細微處的感受,如同君子之交淡如水,茶也是君子,淡淡品嘗,更顯其優雅。

  人對萬物要尊敬,對茶樹則需感恩,茶經過「炒、煎、煮、泡」後,才能成為一壺好茶;茶就是道人,茶道衍生茶德,我們感恩做茶、採茶農人,及雨露、土壤、天地,飲茶者飲水思源,關懷環境,不知不覺中也有了茶德。

  現代人煩惱多,人際關係處理不夠圓滑,佛家常道:求圓滿不執著,而煩惱就是種執著,禪在破執著,將我執拋棄,配合別人,融入群體之中,放棄原本所學,掏空、學習新知,練習慈悲與包容,專注客觀就不會有太多煩惱。

【圖片說明】
圖一:茶人衣著顏色簡樸,當中蘊含著深厚的生活禪智慧。
圖二:茶席佈置充滿著禪意。
圖三:茶食擺設禪味十足。
﹝文\郭嘉琳‧圖\洪榕﹞

2008-03-04 10:54:00
2008-03-10 19:14:00
4480
大台湾旅行ネット
大台湾旅行ネット
台中市
台中市
お茶
お茶
台中市
台中市
 
     
 
基隆市 台北市 台北県 桃園県 新竹市 新竹県 苗栗県 台中市 彰化県 南投県 雲林県 嘉義市 嘉義県 台南市 高雄市 屏東県 台東県 花蓮県 宜蘭県 澎湖県 金門県 連江県(馬祖)
     
 
大台湾旅行ネット
大台湾旅行ネット
New Store
New Store
1.
台中グルメ.黃記鵝肉台中グルメ.黃記鵝肉
屋台から大きな店になって28年も経営している「黃記鵝肉」は、毎日午後五時から午前一時まで大勢の人出が絶えずに来ます。1980年に黃托氏が創 立し、現在は第二代目の黃名進が受け継ぎ、アシスタントと共に経営していて、誠実に平価のグルメを提供して顧客に幸せな味を味わえます。
0927-607916
台中市中區大誠街58號(大誠立體停車場旁)
2010/04/29
大台湾旅行ネット
大台湾旅行ネット
New Store
New Store
 
     
   
 
本サイトのコンテンツの著作権は、大台湾旅行ネットの方にあります。文章、画像、映像、音声等データの無断転用・引用はご遠慮願います。
大台湾旅行ネット股分有限公司 会社登録番号:13063983
住所:台湾台中市南屯区五権西路二段666号16F-1
TEL:+886-4-2385-1199 FAX:+886-4-2385-0099