大台湾旅行ネット
大台湾旅行ネット
彰化縣
彰化縣
果物
果物
彰化縣
彰化縣
埔心郷の巨峰葡萄
2008-03-04 16:38:00
2008-03-04 16:39:00
5988
葉南顯
彰化縣
葉南顯
彰化縣
彰化県は巨峰葡萄の故郷で、葡萄の栽培面積はおよそ1463ヘクタールで、全体台湾の年間生産量の44%を占めているので、だから二つの葡萄の中に一つは彰化県が産出したことと言い過ぎません、彰化県の葡萄の生産地は大体渓湖、大村、埔心與二林などの地区に集中しています

  彰化平原で栽培している葡萄は高山気候の温度差がないが、しかし導入してから今なおおよそ40年以上の栽培技術があって、また中興大学と台中農業改革場などの専門の学術部門からずっと改良させる意見を加えて、質と量の方面でも高山地区に負けません。埔心郷だけ10組の葡萄の生産と販売センターがあって、栽培面積も約100ヘクタールがあります。

  毎年埔心郷の農家は優良品質の葡萄評定会を催して、専門家と博士を招聘して評定させます、葡萄の外観、重さ、色、甘さ、酸さ、味などのプロジェクトから、優勝者を選出して、優勝した果物農家の知名度が高めれることを除いて、もし評定する途中に何かの欠点を発見したら改良意見も提供します。

  葡萄の夏の生産期は大体6月~9月で、冬は大体11月~翌年の2月です。埔心郷には古月葡萄、路葡萄と葡萄迷宮などの個人ブランドの葡萄果樹園があって、農民協会も高品質の巨峰葡萄を厳選して配達サービスを提供します。

写真の1:高品質の葡萄はいずれも袋に70日以上をカーバーされます
写真の2:埔心郷農民協会の葡萄評定会の現場です
写真の3:果実の色で葡萄の等級を評定します
【文章/写真 大台湾旅行ネットTTNewsの記者 江柏樟】

上記の内容は下記の中国文の文章を翻訳したものです、もしもその中で何が間違いがありました場合は中国文の解釈を基準と致します。

  彰化縣是名符其實巨峰葡萄的故鄉,葡萄種植面積高達有有1463公頃,佔全台年產量的44%,可說日常生活中兩串葡萄中就有一串來彰化,而葡萄農園大致集中於溪湖、大村、埔心與二林等重要鄉鎮,巨峰葡萄成熟時是一定要來品嘗酸甜滋味。

  在彰化平原上種植葡萄雖沒高山氣候的溫差,但從引進至今約有四十餘年的種植技術,由中興大學與台中農改場..等專業學術單位的輔導改良,在質與量方面也不輸高山地區。單單在埔心鄉葡萄產銷班就有十個班別,種植面積也達一百公頃。

  每年埔心鄉農都會舉辦的埔心優質葡萄評鑑比賽,聘請專家博士評鑑,藉由葡萄的外觀、果重、脫粒、著色、糖度、酸度、風味(食味質)等項目,選出優勝者除了提高果農知名度,也評鑑中發現缺失中也提供意見改良。

  評鑑葡萄在外觀可從有無藥斑、有無傷痕、穗形整齊、果粉分佈均勻、果穗整齊度判斷;果重則用天平秤重,穗重在300g~500g分數最佳,粒重10g以上10分;脫粒則用手輕搖看看是否會脫落;著色則用果色板比對分等級;糖度與酸度則用儀器測量,一般糖度約於二十度左右;風味則是一般大眾所稱的食味感,果粒彈性適中,果肉咬感良好,且具有特殊風味者得滿分。古月葡萄園主胡先生也分享巨峰葡萄分辨方便,一般巨峰葡萄外觀一定黑得發紫,才會好吃。

  葡萄的夏果產季大約在6月~9月,冬果大約在11月~2月。在埔心鄉有古月葡萄、路葡萄與葡萄迷宮個人品牌的葡萄果園,而農會推廣股張股長表示,農會也嚴選產銷班高品質的巨峰葡萄提供宅配,在葡萄成熟時是酸、甜絕佳的風味是一定要來品嘗的。

【圖一】高品質葡萄都會套袋會達七十天以上
【圖二】埔心鄉農會葡萄評鑑比賽現場
【圖三】果色表分辨葡萄等級
【大台灣旅遊網TTNews記者江柏樟報導】

2008-03-04 16:38:00
2008-03-04 16:39:00
5988
大台湾旅行ネット
大台湾旅行ネット
彰化縣
彰化縣
果物
果物
彰化縣
彰化縣
 
     
 
基隆市 台北市 台北県 桃園県 新竹市 新竹県 苗栗県 台中市 彰化県 南投県 雲林県 嘉義市 嘉義県 台南市 高雄市 屏東県 台東県 花蓮県 宜蘭県 澎湖県 金門県 連江県(馬祖)
   
 
本サイトのコンテンツの著作権は、大台湾旅行ネットの方にあります。文章、画像、映像、音声等データの無断転用・引用はご遠慮願います。
大台湾旅行ネット股分有限公司 会社登録番号:13063983
住所:台湾台中市南屯区五権西路二段666号16F-1
TEL:+886-4-2385-1199 FAX:+886-4-2385-0099