大台湾旅行ネット
大台湾旅行ネット
雲林縣
雲林縣
地方特產品
地方特產品
雲林縣
雲林縣
台湾のコーヒー
2008-03-04 20:30:00
2008-03-04 20:32:00
5116
葉南顯
雲林縣
葉南顯
雲林縣
  台湾のコーヒーの源は清朝の時にオランダ人が台湾を占有した時からすでに導入しました、日本の植民地時代の1931年に「木村」先生が再び導入して、歴史の記録によって大量に栽培させた地区は嘉義で(雲林、古坑は日本の植民地時代に台南州の嘉義庁に管轄されるので、だから台湾コーヒーの故郷は古坑のはずです)、品質が良くて1941年に生産規模が最大に達成して、大部分のコーヒーの豆は日本へ輸出しました。

台湾回帰の後で国民政府は図南株式会社から接収して、経済の農場管理の直営所を創立して、その時コーヒーの直営所は荷苞山を主に生産させて、また桂林、樟湖にも小規模の直営コーヒー園区があって、更に嘉義、台南山岳地帯まで栽培させて生産地が多くなって、また農業復興委員会(今の農業委員会の前身)の補助建設を加えて、当時のアジアの最大規模の連続水洗い式のコーヒー加工工場を創立して、コーヒーを生産製造して、品質が良くてずっと愛用されています。
【文章/写真 大台湾旅行ネットTTNewsの記者 呉錦忠】

上記の内容は下記の中国文の文章を翻訳したものです、もしもその中で何が間違いがありました場合は中国文の解釈を基準と致します。
  
  台灣咖啡源自清朝時期荷蘭人佔據時就引進,日據時代1931年「木村」先生再引進,文史記載在嘉義種植(雲林、古坑日據時期屬台南州嘉義廳管轄,故咖啡原鄉在古坑應是正確的)並大量栽培,品質優良1941年達到高峰,原豆大部分運回日本。

  台灣光復後國民政府接收圖南株式會社,成立經濟農場管理直營地,當時咖啡直營地荷苞山為大宗,桂林、樟湖均有直營咖啡園生產,並推廣至嘉義、台南山區種植且經農復會(現農委會前身)補助興建前亞洲規模最大之水洗式一貫作業之咖啡加工廠,產製良質咖啡,品質優良受到肯定。
吳錦忠

2008-03-04 20:30:00
2008-03-04 20:32:00
5116
大台湾旅行ネット
大台湾旅行ネット
雲林縣
雲林縣
地方特產品
地方特產品
雲林縣
雲林縣
 
     
 
基隆市 台北市 台北県 桃園県 新竹市 新竹県 苗栗県 台中市 彰化県 南投県 雲林県 嘉義市 嘉義県 台南市 高雄市 屏東県 台東県 花蓮県 宜蘭県 澎湖県 金門県 連江県(馬祖)
   
 
本サイトのコンテンツの著作権は、大台湾旅行ネットの方にあります。文章、画像、映像、音声等データの無断転用・引用はご遠慮願います。
大台湾旅行ネット股分有限公司 会社登録番号:13063983
住所:台湾台中市南屯区五権西路二段666号16F-1
TEL:+886-4-2385-1199 FAX:+886-4-2385-0099