大台湾旅行ネット
大台湾旅行ネット
雲林縣
雲林縣
美食
美食
雲林縣
雲林縣
台湾のコーヒー
2008-03-05 15:28:00
2008-03-05 15:29:00
4182
葉南顯
雲林縣
葉南顯
雲林縣
初めてのコーヒーの種を台湾の土壌に植えさせたのは外国の商人達です、彼らは台湾の環境が中南米と似ていて、コーヒーを栽培することに適するべきだと思って、およそ百年前に百数本のコーヒーの芽を導入して、しかし栽培する結果はよくありませんでした。商人が離れた後に、引き続いて日本人が台湾でコーヒーを栽培することを試み始めて、コーヒーの経済価値がかなり高いため、日本の植民地時代に強力に栽培を広めさせました。かつて生産高が高くて、品質が良い時期もあったが、しかし後で太平洋戦争のため、日本は敗戦して撤退して、コーヒー産業が誰も管理できなくなってゆっくりと没落しました。

時代の進歩に従って、国民の生活水準が高まって、コーヒーもだんだん生活の中に溶け込んで不可欠な飲料になって、本格の台湾コーヒーも再び立ち上がって、一筋の気風に形成されました。有名な華山古坑地区の以外、南投の鹿谷も1987年にコーヒーの木を導入して、しかしその時はちょうど凍頂ウーロン茶がよく売れて、そのため大部分のコーヒーの木が取り除かれて、変えてウーロン茶の木を植えることになって、ただ少数のコーヒーの木だけ景観の作物として残されてしまいました。ずっと古坑コーヒーが大変人気になって、台湾コーヒーの評判も大いに良くなった、そのためにこれらの景観作物はまた経済作物になって、同時に普及協会を創立して、鹿谷のコーヒーを広めさせました。

南投鹿谷の凍頂のコーヒーの最大の特色は甘さです、飲むと喉にすぐ一種の濃厚な甘さを感じることができて、クリーム、砂糖を入れなくても、苦くて渋い感じもしません。甘さの以外に、鹿谷コーヒーを栽培する地区は海抜200から800メートルまでがすべてあって、そのためにそれぞれ異なっている特色を持つ台湾コーヒーがあります。

嘉義阿里山の高山コーヒーの品質は優良で、「阿里山の瑞梅の台湾コーヒー」は高山気候の特性、農家の経験と革新を運用して、高品質コーヒー豆を育成させて、ごく短い数年の間にすでに阿里山区で盛名を持ちました。

阿里山山脈の下の中埔も台湾コーヒーがあって、嘉義中埔の「豆賞」という台湾コーヒーの木は阿里山脈の海抜600~800メートルの間に植えて、温度差、環境と気候が良くて、成長したコーヒー豆の品質も安定しています、毎年の9月初め~11月末は忙しい採収期間になって、「豆賞」コーヒーの農家の李様は焙煎が最も台湾コーヒーの特性を表すことができると説明しました、あの酸味がない甘さの独特性は、香ばしいお茶の自然に甘さが出るのようです。

海抜の約400メートル以上の台南東山地区は、主に栽培するコーヒーの木の品種はCoffea Arabicaで、ここも台湾地区の主要なコーヒー豆の生産地です。現在、東山コーヒーの農家は観光客に自分で生産したコーヒーを提供する以外に、また多くの製品を研究開発して、例えば:鶏のコーヒー煮込み、チョコレート味のコーヒー豆、梅のコーヒー味付け、李のコーヒー味付け等があります。

主要な生産区の以外に、台中県の太平頭汴坑地区にも台湾のコーヒーを栽培しているレジャー農園があります。コーヒーの生長地区の海抜、天気(温度・湿度)、地形は(丘、排水、風向)などの要素は、いずれもコーヒー豆の特色と品質に対して影響を与えます。外出して旅行する時は台湾の異なっている生産区のコーヒーを味わったら、いつも旅行中に一筋の楽しみな雰囲気を加えることができます。
【文章/写真 大台湾旅行ネットTTNewsの記者 銭弘芸】

上記の内容は下記の中国文の文章を翻訳したものです、もしもその中で何が間違いがありました場合は中国文の解釈を基準と致します。

將第一顆咖啡種子灑落台灣土壤的是外國商人,他們認為台灣的環境和中南美洲相近,應該適合種植咖啡,約在百年多前引進了一百多株咖啡苗,但種植結果不佳。商人離開後,接著是日本人嘗試在台灣種植咖啡,因其經濟價值很高,在日據時代被大力推廣種植。曾一度產量豐富、品質優良,但因為後來的太平洋戰爭,日本戰敗撤退,疏於管理照顧的咖啡產業就慢慢沒落了

  隨著時代進步,國人生活水平提高,咖啡也漸漸融入生活中成了不可或缺的飲品,本土的台灣咖啡也再度崛起,形成了一股熱潮。除了知名的華山古坑外,南投鹿谷在1987年就引進咖啡樹,但是當時正值凍頂烏龍茶大賣,因此將大部分的咖啡樹剷除改種烏龍茶樹,僅剩少數咖啡樹當作景觀作物栽種。一直到古坑咖啡紅透半天邊,台灣咖啡聲名大噪,因此將原本的景觀作物轉變成經濟作物,同時成立推廣協會,將鹿谷咖啡推廣出去。

  南投鹿谷的凍頂咖啡最大的特色是回甘度,一入口喉嚨就馬上可以感覺一種濃郁的甘甜,不加奶精、砂糖,也不覺得苦澀。除了回甘度之外,鹿谷種植咖啡的海拔從200公尺~800公尺都有,因此產生風味各異、有不同特色的台灣咖啡。

  嘉義阿里山高山咖啡豆的品質優良,「阿里山瑞梅台灣咖啡」運用了高山氣候的特性、經驗與創新,產生出高品質的咖啡豆,短短幾年下來已在阿里山區別富盛名。

  阿里山山脈下的中埔也有台灣咖啡飄香,嘉義中埔豆賞台灣咖啡栽種於海拔600公尺~800公尺間的阿里山脈之下,適足的溫差、環境與氣候生長下,其咖啡豆品質穩定,每年九月初到十一月底則是忙碌的採收季節,豆賞咖啡的李先生表示中烘焙最能夠將台灣咖啡的特性表現出來,那甘醇不帶酸味的獨特性,有如茶香的自然回甘。

  海拔高度約400米以上的台南東山地區,主要種植的咖啡樹品種是「阿拉比卡」(Coffea Arabica),是臺灣地區主要生產在地咖啡豆的產地之一。目前,東山的咖啡農除了提供遊客自家生產、烹煮的咖啡,還苦心研發出多項延伸產品,例如:咖啡雞、巧克力咖啡豆、咖啡梅、咖啡李等等。

  除了主要產區外,台中縣太平頭汴坑一帶也有休閒農園種植出風味不錯的台灣咖啡。咖啡生長地區的海拔高度、天氣因子(氣溫、溼度)、地勢走向(丘陵、排水、迎風坡)等等,都會對咖啡豆所呈現出的風味和個性產生影響。出門旅行時品嚐台灣不同產區的咖啡,為旅途增添一抹濃醇香氣。
錢弘芸

2008-03-05 15:28:00
2008-03-05 15:29:00
4182
大台湾旅行ネット
大台湾旅行ネット
雲林縣
雲林縣
美食
美食
雲林縣
雲林縣
 
     
 
基隆市 台北市 台北県 桃園県 新竹市 新竹県 苗栗県 台中市 彰化県 南投県 雲林県 嘉義市 嘉義県 台南市 高雄市 屏東県 台東県 花蓮県 宜蘭県 澎湖県 金門県 連江県(馬祖)
   
 
本サイトのコンテンツの著作権は、大台湾旅行ネットの方にあります。文章、画像、映像、音声等データの無断転用・引用はご遠慮願います。
大台湾旅行ネット股分有限公司 会社登録番号:13063983
住所:台湾台中市南屯区五権西路二段666号16F-1
TEL:+886-4-2385-1199 FAX:+886-4-2385-0099