大台湾旅行ネット
大台湾旅行ネット
嘉義縣
嘉義縣
人文、節句、祭り
人文、節句、祭り
嘉義縣
嘉義縣
阿里山の「触口竜隠寺」
2008-03-25 09:53:00
2008-03-25 09:55:00
4226
葉南顯
嘉義縣
葉南顯
嘉義縣
  「触口の竜隠寺」は嘉義県の番路郷の触口村にあって、阿里山に向かう道路の上にあります、寺の中で主に祭っているのは李修縁先生で、普通は済公禅師に呼びます。かつて数年前に~済公、済公活仏との二つのドラマーが連続にここで撮影したため、竜隠寺が有名になって、更に有名な宗教の名所の一つになります。

  竜隠寺は山水の間にあって、風景が美しい環境の下に、また天長、地久というつり橋が伴って、阿里山に向かう観光客達が必ず経由する休憩の名所です;寺の中で主に祭っているのは李修縁先生で、普通は済公禅師と呼び、五回を降誕して世人を救ったので、だから五公菩薩にも称されます、済公禅師の成道の日は旧暦の10月3日に、だから禅師のお誕生日の日になっています、竜隠寺は1980年8月に工事を始めて廟を建てて、完全に経費がないの情況の下に、寺院が建設し始める時に信者の敬虔な寄付と自発的なボランティアに頼って、その後でゆっくりと管理委員会を準備し始めました。

  竜隠寺はほとんど毎年祭典の当日にすべて盛大の「柴火を越える」という儀式を催して、神が柴火を行き過いだら、偉さは更に盛大になるので、大勢の信者を盛会に参与することを引きつけています;平日に各地からの宮壇と信者も来ています、寺の側の林野歩道は山林の風情を観賞することに適する場所です。

  阿里山の山脈は延々と続いて、三面の高山はそびえ立って、八掌渓の南流れはここで西に転じて流れていって、天然の環境の下に山水を伴う休憩の名所を育成しました、ここにあるの竜隠寺とつり橋は更に観光客が阿里山を経由して必ず訪ねる指標になって、阿里山の途中に重要な景色と宗教の景勝地にもなっています。
 
写真の1:触口の竜隠寺 
写真の2:済公活仏 
【文章/写真 大台湾旅行ネットTTNewsの記者 洪榕】

上記の内容は下記の中国文の文章を翻訳したものです、もしもその中で何が間違いがありました場合は中国文の解釈を基準と致します。

  「觸口的龍隱寺」位於嘉義縣番路鄉觸口村,這是前往阿里山的公路上,寺裡主要供奉李修緣師父,一般所通稱的濟公禪師。多年前曾因連續劇~濟公、濟公活佛兩齣戲於此拍攝,也使得龍隱寺聲名大噪,更加成為沿途著名宗教景點之一。

  龍隱寺於山水懷抱之間,在山明水秀的環境下還有天長、地久吊橋相伴,是遊客們前往阿里山必經的休憩景點;寺裡主要供奉的李修緣師父,是一般所通稱的濟公禪師,因五次投胎降生救世祐被稱為五公菩薩,而濟公禪師得道日在農曆十月初三日,是為禪師的聖誕之日,龍隱寺於1980年8月開工建廟,在完全沒有經費情況下,開始動工興建寺廟時是靠信徒虔誠的捐獻與自願性的來當義工,之後慢慢籌備起管理委員會。

  龍隱寺幾乎每年於祭典當日都舉辦隆重的過柴火儀式,由於神尊過火,神威更加顯赫,吸引大批信眾湧入參與盛會;平日則是有來自各地的宮壇及信徒,在寺旁的林野小徑則是很適合遊賞山林間的風情。

  阿里山山脈綿延相疊,三面高山聳立,八掌溪南流至此轉而向西流去,在天然的環境之下造就一處依山傍水的休憩景點,座落於此的龍隱寺與吊橋更成為遊客行經阿里山必會停留的指標,也成為阿里山沿途的重要景緻與宗教勝地。

 圖一:觸口龍隱寺 圖二:濟公活佛 
﹝攝影/洪榕﹞
2008-03-25 09:53:00
2008-03-25 09:55:00
4226
大台湾旅行ネット
大台湾旅行ネット
嘉義縣
嘉義縣
人文、節句、祭り
人文、節句、祭り
嘉義縣
嘉義縣
 
     
 
基隆市 台北市 台北県 桃園県 新竹市 新竹県 苗栗県 台中市 彰化県 南投県 雲林県 嘉義市 嘉義県 台南市 高雄市 屏東県 台東県 花蓮県 宜蘭県 澎湖県 金門県 連江県(馬祖)
   
 
本サイトのコンテンツの著作権は、大台湾旅行ネットの方にあります。文章、画像、映像、音声等データの無断転用・引用はご遠慮願います。
大台湾旅行ネット股分有限公司 会社登録番号:13063983
住所:台湾台中市南屯区五権西路二段666号16F-1
TEL:+886-4-2385-1199 FAX:+886-4-2385-0099